FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

短い期間に集中的にDVDを見ました。

まず すっかりはまった「デスパレートな妻たち」はシーズン3の最終回まで見てしまいました。
途中から ブリー役の女優さんが出産のためお休みしてでなくなったのがちょっと寂しかったけれど、面白かったです。
はやくシーズン4が見たい!!

そして「医龍」も2まで見終わりました。
これも面白かった!
見終わってから そういえば 主人公たちの家庭環境とか 今までの生い立ちなどにはまったくふれていないドラマだたとふと気が付きました。
あの 朝田はもちろん、伊集院くんや 野口先生などはどういう育ち方をして今の彼らになったのか・・・漫画では描かれているのでしょうか。
そういうものを描かなくても 見ごたえのあるドラマが作れるのだなあ、見る人に 登場人物の背景まで想像させるドラマっていうのはすごいな と思いました。

そして 「グレイズ・アナトミー」はシーズン2のエピソード11まで見ました。
面白かった・・・ですがひとつだけひっかかるエピソードが。
(以下、ちょっとネタバレします。見たくない方は読まないでください~m(__)m)




母親や 親戚の女性は皆 癌で死んだということで 自分も癌になることをおそれる女性のエピソードなのですが、この女性は「癌で死にたくないから」という理由で 子宮、乳房を取る手術をしてほしいと病院に現れるのです。
彼女の夫は こどもが欲しいと思うこともあってその手術に反対なのですが、彼女は「養子をもらう手もあるし、とにかく手術をする!死ぬよりまし!」といいはります。

結局 この女性は手術をし、彼女の気持ちを思いやった夫が手術をする彼女によりそってくれて めでたし・・・ということになるのですが・・・
・・・いいんだろうか、これで。

彼女は癌にならない可能性もあるのだろうし、他の臓器が癌になる可能性もあるのだろうし・・・

「こういう夫婦の結論をどう思う?」と問題をなげかけているのかな?
もし 自分が同じ立場だったら、とか 日本で同じようなことを言う人がいたらどう対応されるのか、とかいろいろ考えてしまいました。
スポンサーサイト



「24シーズン6」を見終えたので、今度は「グレイズ・アナトミー」を見始めました。

坂口みく先生がおもしろい、とオススメだったので。

どうしようか迷ったのですが、結局音声は英語、字幕つきで見ています。

1話、2話めくらいを見たときには 「まあ、おもしろいかなあ。でもやっぱりERのほうが好きだな」くらいだったのですが、3話めくらいから「おもしろいかも」と思い始めました。
現在 5話目まで見終わったところ。
登場人物たちに奥行きが感じ始められ今後の展開も気になります。
ERより おしゃれっぽい感じの医療ドラマです。

その他に
ずっと「医龍」が見たくて探しているのですが私のいくお店ではいつもレンタル中でいまだに見られません。

「エイリアス」もぜひシーズン1からみたいのですがこれも見つけられないで探し中。

「ちりとてちん」はDVDがでたらぜひ はじめから通してみたいと思っています。

この3本は漫画家の先輩や同期が大プッシュしているオススメ作品なのです。

「ストーリー展開が勉強になる」とか
「キャラつくりのお手本!」とか
いう話を聞くと ついメモしてしまいます。

「仕事の参考に!」といいつつ・・・やっぱりこれって逃避でしょうか。


見てきました。
期待どおりのおばか映画で楽しかったです!

ストーリーは 男子シングル界を追放された男2人がペアを組んで、ペアの世界で金メダルをとるというお話。
ほとんどが「なんだこりゃ~」というギャグの連発ながら ちゃんと王道にのっとって いがみあう2人が最強のペアになるまでを きっちり描いています。
主人公2人のキャラがこいやら、ライバル役の悪役が本当に悪役だやら、ヒロインがかわいいんだけどどこかずれていたりやら、あちこちに妙なこだわりが見えておもしろいかったです。

あの、ナンシー・ケリガンとサーシャ・コーエンが本人役で出演。

特にサーシャは・・・「なんでそんな役ひきうけたの?」とちょっと突っ込みたくなるような役でした^^かわいかったけどね。


ところで この映画・・・北の漫画家同盟(仮)のM先生とT先生といっしょに見たのですよ~~
フィギュアおたくの私はもちろんですが、おふたりも楽しまれていたようですよ^^

3人で見た後の感想を語り合ったとき、漫画家らしくストーリー展開やらキャラつくりについての話になっていたのが こっそり面白かったです。


そのあと札幌人には有名な大丸藤井でスクリントーンなどを買ったあと、Y先生とS先生も合流して飲み会。
いろんな情報交換といろんな話題で盛り上がり ものすごい気分転換ができた一日でした。

5人ともみんな仕事の途中だったので 明日からみんなきっと必死で仕事ですね^^

今日は 年末年始の間しまっていたリンクが開く日なので、初滑りに行こうとはりきっていたのですが・・・天候が悪くて断念。うう~~残念!
雪かきをしてから DVDを観ました。

イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウの「ガタカ」

遺伝子工学が発展した近未来が舞台の物語。主人公のヴィンセントは両親の主義により、遺伝子操作されることなく生まれ、出生してすぐ「劣った遺伝子。心臓に欠陥。寿命は30年」と診断されてしまいます。

「劣ったもの」として差別されながらも宇宙飛行士になることを夢見る彼は その夢をかなえるため、闇業者の手配により事故で半身不随になったエリートになりすますことにします。

生きるために 自分の名前をヴィンセントに売ったモローとの共同生活をしつつ、ヴィンセントは努力を続け 夢に着実に近づきつつありました。

そのヴィンセントの正体に気づいた上司の殺人事件や、やはり遺伝子に問題をもつ女性との恋などをからめて物語は展開します。

「人の運命を決めるのは 遺伝子や持って生まれた才能ではないはずだ」・・・という単純で力強いメッセージを感じつつ せつない結末。

なりすましのテクニックや、ヴィンセントとの弟の存在、ユマ・サーマンとのやりとりなど 面白く見ました。
時間も106分と短めなのもいいです。おすすめ!

それから 「24」のシーズン6も見始めてしまいました。今5話目まで。
・・・このシリーズは 主要登場人物でもあっさり殺されてしまうことが多いのがこわいところですが、4話目であの人も殺されてしまったのでびっくり
もうこれ以上殺さないで欲しい・・・と思いつつ やはり結末が気になるので今月中に最後まで見ます!
今日、観てきました。スパイダーマン3。

素直に、面白かったです!
1、2はDVDで観たのですが、スパイダーマンが飛び回る様子を大画面で見たいと思っていたので満足でした。

サンドマンとか宇宙からやってきた寄生体(?)とか おいおい というものは出てくるのですが、もうそこらへんは真面目に考えずにに楽しんじゃえ!と。

ネタバレになるので詳しい内容については書きませんが、今回はピーター(スパイダーマン)が皆に愛されているのがほのぼのして 好きでした。
彼が寄生体や恋人との仲のことでいらいらして 他人に対して当り散らしているときでさえ、「あいつはいいやつだ」と信じてくれる存在がいる。いいなあ。こういうの。

調子こいちゃっているピーターも、前髪をおろしたブラックピーターも愛しかったです。
MJにも1,2より共感できて、彼女がかわいく見えました。
親友のハリーも・・・いいです。

ついでに 緊迫した場面ではいるちょっとしたギャグも面白かった!

敵キャラが多くてどうなるのか、と思いましたが 最後「こうきたか」と言う感じできっちりまとまっていました。

「4」を・・・作るのかなあ。
原作の漫画では MJとピーターが結婚して 娘が生まれて、その娘がやっぱり正義の味方として活躍したり、マジェスティック4のメンバーとつきあったりするんでしたっけ。
作ろうと思えばいくらでも続編が作れそうですが・・・面白いかったな、と思うところでやめてほしい気もして複雑です。