FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

デジールの8月号を読みました。

今月はなんだか泣ける作品が多かった~。
全然覚悟(?)しないで読んだのでふいうちでした。
(;_;)

ネタバレはしませんが私がうるる~ときてしまったのは

「おしえてひよこ先生!」 原なおこ
     いや、もう まっつんも家族もみんないい!

「ママは看護学生V]   坂口みく
     感動の最終回~(これについてはあとで詳しく)

「君はあの空のむこう」  大田さより
     この方の描く、ちょっととぼけたお母さん好きです。
     今回は お互いを思う気持ちのすれ違いがかなしい話だった
     けど、ハッピーエンドでよかった・・・。

実はまだ全部読んでいないので、さらに泣かされる漫画ふえるかも・・・。

今回は得にオススメはやはり 「ママは看護学生V」の最終回でしょう!
主人公、ママの成長やこどもたちの成長、出会いと別れをドラマチックに、暖かく描いた作品でした~。
 実はここだけの話、坂口さんってばこの作品中に引越ししたりしてすごく忙しくてたいへんだったんですよ。
それなのに 全然クオリティを落とすことなく、描ききったのはさすが!!

その結果、次号でさっそく新シリーズ開始です!なんと巻頭カラー80ページだ!すごいな~。
う~~ん、こう書いていたらちょっと自分がなさけなくなってきた・・・。私も もうちょっとはがんばらなくちゃ。・・・プロットできてないし。

そして 坂口さん・・・引っ越し祝い、贈るって言っていていまだに送っていなくてごめん。忘れているわけではないの。・・・ないのよ~~
スポンサーサイト



今日、札幌在住の漫画家さんのよしだ☆かおる先生とお会いしてきました!

アシスタントにきてくれた彼女からよしだ先生が同じ札幌在住という情報をきき、・・・お互いの仕事あけを待ってデート(ヲイ)のお約束をしていたのです。
街に出たついでにお互いトーンを買うということで、待ち合わせは画材店のそばの喫茶店にしたのですが、喫茶店に入る前にスクリントーン売り場でご対面しちゃいました。
漫画家らしい初対面(*^^*)

よしだ先生はHPでお写真をUPしているで、きれいな方だとはわかっていたのですが、もう実物はそれ以上でしたよ。「きれい~!!お肌がすべすべ~!!若い~!!顔がちっさい~!!」と叫びたかったのですが がんばって自粛。
漫画のお話をいっぱいしました。
漫画歴は同じくらいのはずなのに、よしだ先生のほうがずっと情報通だし、技術についても知っているので いろいろおしえてもらってとってもためになりました。
札幌在住の漫画家さん・・・今まで一人も知り合いがいなくて寂しかったのですがやはり実際にあっておしゃべりできるのっていい!!
はあ~~幸せ。
持っていった「ホテリアー」の単行本にもしっかりサインいただいちゃいましたしね。
ご本人から許可いただいたので多分HPの 私の本棚(漫画編)のページで、このサインUPします~。素敵ですよ。

私が思う 上手い漫画家さん、一線で活躍している漫画家さんは もうあまり悩みなんかなくてばりばり描いているのだろうと つい思ってしまっていたのですが、みんなそれぞれ苦労して悩んでがんばっているのだよな、と改めてがんばろうと思ったのでした
観てきました。
私は本を読んだ後観た派、いっしょに観たノッティさんは先に映画を観た派。
二人で映画を観たあと 語りあった結果、どちらもそれぞれ楽しめたようでした。

映画の評判は賛否両論のように聞いていたのですが、素直に見ると展開もスピーディだし、謎の解明に興味をもって観ていられるし・・・私は期待していたより楽しめました。
「アクションの少ないレイダース」と上田愛子先生が言っていたようですが 納得です。

ヒロインのソフィーが、なかなか かっこよかったです。
「テルマ&ルイーズ」を観たときにも思ったのですが、車の運転が上手い女ってかっこいい・・・。
コンビニでオフィスユーの8月号を買ってきました。
みなみなつみさんの「ベター・ハーフ」がお目当てです。
唯川恵さんの「ベター・ハーフ」の漫画化で、今回は第1回で80ページ。
唯川さんも みなみさんも大好きな作家さんなので予告を見たときからとても楽しみにしてたのでした。主人公の永遠子さんがゴージャスで美しいです。幸せな結婚を夢見て結婚したはずだったのに狂っていく歯車。おもしろいです。続きは10月号。う~ん、待ち遠しい。

そして、もうひとつ注目していたのが 旭山動物園を描いた漫画「地球の宝箱」(夏芽あこ 100ページ!)。
私は旭川出身です。
 子どもの頃両親と行った思い出があったり、さびれていた頃のことも知っていたり、あべ弘士さんの描く「モユクカムイ」という冊子を年間会費を払ってとっていたり・・・とたっぷり思いいれのある場所なので、いつか私も旭山動物園を舞台に描きたいを思っていたのに・・・先をこされてしまいました~~;;;

・・・でも夏芽先生の絵は本当に動物がかわいくて!!
戦う前から負けたかんじです。

「修羅の棺」は 坂口みく先生が「すっごく面白いよ!」とおすすめの作品なんですが はじめのほうを読み逃しているので残念。

「本家のヨメ」
長寿連載ですねV 毎回、レベルを保ってのシリーズすごいな。
のぞみが三つ子を出産した時。
それが私が描いていた「トリプル・トラブル」という漫画の三つ子と「女、女、男」というところまでかぶってしまったよ~・・・と思っていたのですが今回は三つ子がちらりともでてきませんでした。
今回はどこかに遊びに行っているのかな?
私の連載はもう終わったから気にすることないのですが、つい。

他、いろいろ面白い作品が載っていて 私もがんばらなくちゃ、と少しだらけ心を刺激されたのでした。
・・・そろそろプロット、あせってつくらなきゃ。

でも明日はノッティさんと「ダ・ヴィンチ・コード」を見に行きます。
今日はひさびさにお天気のいい休日。
お仕事は明日からということにして、今日は休日らしくお布団干しやら大量の洗濯をしてすごしました。

そして、夜はひさびさにジンギスカンをしようということになって近くのスーパーに買い物に。

ジンギスカンといえば、言わずと知れた北海道の名物。
ジンギスカンキャラメルやらジンギスカンという和菓子もあるくらいです。(私はちょっと食べたくないけど)

私が小さい頃は 畑の横で七輪でジンギスカンをやったものでした。
外で食事(外食ではない)をするということは、なんとなくわくわくしたものでした。

仁井山征弘(にいやまゆきひろ)さんが「ジンギスカン」という歌でも歌っているように北海道人はなにかといえばジンギスカンなのですよ。

というわけで、ジンギスカンの肉の売り場は充実してます。
いろんな種類があって、どれにしようか迷います。
「小樽運河ジンギスカン」にするか「富良野ジンギスカン」もいいな。「長沼ジンギスカン」も美味しそう・・・。

ところが!
ふと「原産国」を見ると「オーストラリア」と書いてあるではありませんか。
なんで?
え?「小樽」も「富良野」も「長沼」もみんな、「オーストラリア産」なんですか!?

北海道産の羊肉を食べようと思ったら 羊ケ丘(注:札幌の観光名所。たくさんの羊が放牧されているのを「かわい~」と眺めたあと、隣のレストランでジンギスカンが食べられます)へでも行かなければだめなのでしょうか。
いや、ひょっとして羊ケ丘でもオーストラリア産なのかな;;;;

難しいことはよくわからないけど、自分の国で食べるものはなるべく自分の国で作るのが正しい姿勢な気がするのだけれど・・・。

それでも お肉はおいしかったんですけどね。

さて。明日から本当に仕事!
・・・あれ?これ昨日も言ったかな?
昨日は一日、寝たり起きたりしてすごしてしまいました。

朝起きて、ひととおりの家事をして、2時間くらいばったりたおれて眠って。

美容院へいって帰ってきて眠って。

また起きて、ちょっと家事をして食事してまた眠って。

夜もまた ちょっと横になるつもりが朝まで眠って。

・・・あっというまの一日でした。

今日は ちょっと体力、気力が回復してきたのでぐちゃぐちゃになった仕事部屋の掃除をしたり、本読んだりしているうちにあっというまにこの時間。

今回の原稿はネームがなかなかできなかったせいで、作画の時間があまりとれずに大反省だったので、今度はしっかり休んで早めに仕事をしなくっちゃ!!

読みたい本やら見たいビデオやら、連絡をとってあいたい人やら、「ダ・ヴィンチ・コード」の招待券をいただいたのを無駄にしたくないやら、他にもHPの模様替えなどのやりたいことが山積・・・だけど、
うん、今度こそ早めに仕事始めます・・・多分・・・きっと



ずっと日記が書けないくらいにまじめにお仕事してました。

白泉社に原稿を送ってほっと一息。

今回は本当にネームがなかなかできなくて、かなりきつい仕事になってしまったので、次こそはちゃんとがんばらなくちゃ!うん、絶対!!

・・・と原稿が終わったあとは いつも思うんだけどなあ。


とりあえずまずゆっくり寝てからいろいろたまっている「やらなきゃいけないこと」をします。
おやすみなさい。
秋田書店さんの原稿を送って、シルキー本誌の「昭和通シネマ館」の原稿を描いています。

これは 1980年代の話なので、ちょこちょこ「80年代」らしい小物を出すのですが これにけっこう苦労しています。

たとえば、主人公がテレビを見ている場面で「8時だヨ!全員集合」を描いて、「良かった、今日はお母さんがいないからゆっくり見られる。いるとなんだかんだうるさいんだよねー」・・・というシーン。
ドリフの似顔絵はNGなので絵はいれないでセリフだけにして、という指示です。
残念。あのはっぴとか、似顔絵とか描いてみたかったなあ・・・。

ドリフの思い出と言えば、私はカトちゃんが好きだったので、志村けんがでてきて人気が志村さんに移っていくのがちょっと悲しかったです。

そういえば、浦沢先生の「HAPPY!」のなかで 親のいうことをよく聞くいい子の雛さんが小さい頃実は、「ドリフがみたかった」というひとコマがありました。

・・・なんだか急に懐かしくなってきた。
仕事が終わったらビデオ借りてこようかな。
締め切りから逆算してみると、かなり遅れ気味の進行で仕事しています。
ちょっとペースあげなくちゃ・・・と思いつつ、なぜかブログの更新。逃げてます?

さっき ファックスがA4版9枚を受信。
なんだろう!?と思ったら 秋田書店さんからでした。
今度フォアミセスに載る 読みきり38ページの写植用のネームがずらずらと。
「達筆(笑)の下絵からネームを拾ったので ミスがないかチェックしてください」とのこと。
ちょっと びっくり。
こんなこと 始めてです。

なんか、自分の漫画のセリフだけ読むのってへんな気分です。
「はげちゃってたり、太っちゃってたり・・・でも」
「ガードルきつい」
「これは恋だわ・・・!」
・・・かなり恥ずかしい。

がんばってチェックしましたけど・・・脱力。
結局、ドモホルンリンクルの美肌パックを買うことにしました。

なんだか、これ生クリームを肌にぬるようで面白いのです。
本当に目のぎりぎりまでぬれるというところも気にいったし。
・・・ちなみに私はスーパー等で試食品を進められて食べると、買わずにはいられない小心者ものです。

ところでこれはネットで購入したのですが、私のミスで電話をしなくてはいけなくなりました。
で、びくびくしながら電話をしたところ・・・オペレーターさんがとても感じが良くてプロ!でした。

ひかえめに(でもしっかりと)「使い方アドバイス等のお電話をしてもよろしいですか?」と聞かれたのですが、これはきっぱりとお断りしました。
「昼間は寝ていることもあるので、電話はしないでください。」と。

堂々と言うセリフではなかった・・・かな;;;
でも オペレータさんはさすがプロ!
「かしこまりました。」とさわやかな受け答え。

美肌パックの効果については 「効果あった!」と思ったときにまた書きます。
今日はシルキースペシャル、感動増刊の発売日です。
(・・・この本、いつも「感動増刊」と呼んでいたけど、正式タイトルは「シルキースペシャル7月号増刊涙と愛 感動ストーリー」というのですね。そうだったのか。)

私の「星に届くまで」という40ペーの読みきりが載っています。
どうぞよろしく・・・とまずCM.

これは再録で、描いたのは2000年です。(HPの新作紹介のところにも紹介してますのでよろしく)
「昔の絵を見るとすごく下手で恥ずかしい」、というのはよく聞く言葉ですが 私の場合今とあんまり変わっていないみたいです。
ひょっとして、気づかないで新作と思って読む人もいるかも、という感じ。
・・・これは 恥ずかしい・・・。
もっとがんばれ、私。

昨日の日記の時点では まとまっていなかったプロットがなんとかできそうな気配。
「街の灯」から チャップリンの別な映画に考えを変えてみたら、主人公の小学校3年生の女の子の友情物語がでてきました。
良かった!もう少し細かいところまで練って月曜日には担当さんと打ち合わせができそうです。
・・・本当にぎりぎりだわ。

今日は金曜日。
今日中にはシルキー本誌8月号に掲載予定の「昭和通りシネマ館」の連載2回目のプロットを送らなければ、と思っていたのに結局送れそうもありません。
ジクソーパズルにたとえると、ピースはそろいつつあるけれどまだ外枠が完成していない感じ。う~~~~苦しい。
締め切りを考えるとかなりヤバイ。

今回、作中で取り上げる映画はチャップリンの「街の灯」です。
昔みたけど、今回もう一度見直しました。
子どもの頃には、ラストシーンはハッピーエンドだ!よかったね、チャーリー!・・・と単純に思って見たけど、今回見直すと花売り娘の複雑な表情がいろんな意味を持っているように見えました。
すごい映画だなあ。

その他・・・チャップリン関係の映画いろいろ観ているのですが、楽しんでしまって、なかなかプロット、ネームにつながらなかったりします。

でもそろそろあとがない。月曜には必ずプロットだけでもまとめなくては!!!