FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

すみませんが、私・たなかしんこ本人を知っている方々にお願いです。

このブログは 一応 「漫画家、たなかしんこ」 としてのものなので、 私の個人情報を公開コメントで書くことはご遠慮ください。
そういう場合は鍵つきコメントか メール(HP上にアドレスがあります)でいただけると嬉しいです。

年齢や家族構成など、本人が公開している以上のものが公開された場合は 申し訳ありませんがコメントは削除させていただく場合があります。

ちなみに公開しているプロフィールは

・札幌在住
・フィギュアスケーター
・家族は犬一匹 以下ヒミツ
・年齢 ・・・決して人に言いたい年齢ではない

ということで どうぞよろしくお願いしますm(__)m

スポンサーサイト



昨日、高校時代の同窓会に行ってきました。
ものすごくひさしぶりに懐かしい人たちに会えて 楽しいひとときでした。

しばし実年齢を忘れて高校時代の「ジョシ」「ダンシ」になっておしゃべり三昧。

私はヤボなことに 仕事を持っていってしまったので残念ながら2次会でリタイアしてしまったのですが皆は何時までもりあがっていたのかな。

次の機会はぜひ私も最後まで参加したいです


・・・でも実は ホテルに帰って仕事をしようと道具を取り出したものの・・・気がついたらペンを握り締めたまま寝てました
で、でも朝になってからチェックアウトの時間まではしっかり仕事したけど!(誰にいいわけしているんだ)



同窓会で 名刺をばらまいてきたので、ひょっとしたら見てくれている同級生がいるかな?
懐かしい、楽しいひとときどうもありがとうでした!
また 来年も会えたらいいな!
気になるなら見なきゃいいのに、つい見てしまう朝の星占い。
私の星座、しし座は今日1位でした。


午前中・・・眠気覚ましのガムをかんでいたら奥歯の詰め物がとれてしまいました
うわ~~~この忙しいときに 歯医者さんに行かなくちゃだめ!?
これのどこが一位?

午後・・・買い物にでかけたら お財布に一万円いれていたと思っていたのが5千円札だということにレジに行ってから気づきました。
しばらく忙しくなるから、買いだめのつもりでたくさん品物を買っていたので 足りないのではないかとものすごく冷や汗かいてどきどきしちゃいました。
ぎりぎりで足りた・・・ここらへんが一位?

駐車場から出るときに あきらかに私が優先なのに、ご老人が強引にクラクションを鳴らして通っていきました。
あわてたはずみで 買ったものの袋から卵が落ちて一個割れて 車のシートも汚れてしまいました。
・・・一個ですんだところとか、ご老人の車にぶつからなくて済んだところが一位?


そんな一日でしたが ネームをなんとか今日 しあげることができて ファックスすることができました。
そんなに待たないうちに電話がきて 担当さんが「待ったかいがありましたよ!いいですね!」と気持ちよくネームを通してくれました。

これで充分おつりがくるくらいに一位、ですね。
よおし!明日からがしがし作画だ!!

(でも・・・歯医者さん・・・


あと1ヶ月の間に2作、 あわせて80ページのお仕事を仕上げることになっているので 終わるまでスケートを封印する決心をしました。

今日も 本当は月に一度しかないグループレッスンの日で・・・本当は今日のレッスンに参加してから 「封印」のはずだったのですが ネームがあまりにも遅れているので 泣く泣くレッスンをお休みをするという連絡をしました。
本当はゆうべ一晩頭をしぼればネームが完成すると思っていたのだけど、朝になっても半分も終わっていなかった・・・orz

グループレッスンは 参加人数で若干時間が変わったりするから ひょっとして他の参加者や先生に迷惑をかけてしまったかもしれません。すみません;;;ほんっとにすみません
そして私自身がすっごく残念

私が行けない一ヶ月の間に またみんながすっごく上手くなってしまっている気がしてあせります。

でも やっぱりここでふんばらなければ。
しっかり面白い漫画を全力で描きあげて またリンクに復活するぞ~~~!!
忙しい、仕事しなきゃといいつつ・・・それでも今週読んだ本のメモ

「悪人」 吉田修一
 新聞の書評でものすごく褒めてあったので ぜひ読みたいと思っていた本。
 面白かった!
 新聞連載していた作品を 加筆したという作品だけど、ぐいぐいひきこむ展開は新聞連載ということもあるのかな。
 淡々とした視点で語られる登場人物たちにいつしか惹かれ、共感する。 

「僕たちのミシシッピ・リバー 季節風・夏」 重松清
 12編の短編集。
 切り取られた風景が みんな 懐かしく 切なくて いとおしい。

「陰日向に咲く」 劇団ひとり
 大槻ケンヂ 山田宗樹 恩田陸さんの3人の推薦文が帯についている!映画にもなった作品。
 5本の作品の書き下ろし。
 ものすごく期待して読んだ・・・のは失敗だったかも。
 先入観なしに読んだら ちょっとしゃれてて面白い、と素直に思えただろうに残念。

「不連続の世界」 恩田陸
 『月の裏側』の塚崎多聞が再登場!・・・と帯にあったのだけど、読んだはずの『月の裏側』で多聞がどんな活躍をしたのか思い出せずに残念。再読してから読むべきだったかな。
 なんだかちょっと不思議な話。

 
予定では もう下絵をやっているはずなのに・・・
まだネームができません;;;

できる見通しもたってなくて まだ いくつもアイディアが足りない感じ・・・。

あせるとよけいアイディアがでないとわかっていつつ あせる;;;
昨日の夜になってようやく 「あ、プロットがきた」という感覚を味わいました。

秋田書店の「40歳のハローワーク」用のプロットです。
主人公がどうして 居酒屋で働く気になったか。
主人公の家族はどんな感じか。
主人公の気持ちの変化。
主人公が出会うお客さん。
居酒屋のご主人と奥さん。
主人公の同僚。
物語のおおまかな起承転結。
キメのエピソードとちょっとしたおまけ。

ジグゾーパズルのピースがそろって それが一応の形にはまりそうな感じ。


ここまでが第一段階。
ようやく来ました。
またここからが ああでもないこうでもない、という苦しい作業になるのですが、プロットがでれば一安心。
なんとか今週中にネームをしあげてOKをもらえるようにがんばらなくては!!

現在秋田書店から発売中の 「病と闘う女たち」という本に 私の作品が再録してもらってます。

不育症というテーマで描いた「白いページ」 38ページです。

この作品だけ担当してくれた編集さんが この「女性と病」というテーマにかける熱い思いを語ってくれたので、それに応えたいと頑張って描いた記憶があります。

設定は編集サイドで決めたもので、資料も送ってもらったのですが、例によってなかなかプロットができず苦労しつつ描きました。
実際にその病で苦しむ人が読んでくれて不愉快にならないように ちゃんと描かなくては、というプレッシャーが大きかったです。
今読み返すと、主人公が悩みながらも前に進む決心をしたあたりは描けていたかな・・・と思うのですが。


あと6月8日発売の秋田書店イブスペシャル夏号にも ペットシッターさんの話が再録してもらってます。

本屋さんで見かけたら手にとっていただけると嬉しいです