FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

昨日はスケートクラブで発表会がありました。

リンクを1時間貸切にしてもらって それぞれが選んだ曲に先生が振り付けをしてくださったものを発表するのです。

衣装は 選手が着るような衣装でばっちり決めて、この日ばかりは 一人前のスケーター気分(^^ゞ

メンバーの方の知り合いのプロのカメラマンさんが写真をとってくれたり、ビデオ撮影もしてもらったりというオプション付です

クラブノメンバーの声援をうけて、広いリンクをひとりじめで滑るという ものすごく貴重な体験です。

私は入会してすぐ なんだかわけのわからないままに参加させてもらった一回を含み(これ、なかったことにして欲しい)3回目の参加。

今回は以前市民大会にでたときと同じ 淡いブルーの衣装で葉加瀬太郎の「流転の王妃」をすべりました。

・・・ぐだぐだでした orz

練習の70%くらい滑れればいい、と言われて滑ったのですが 60%くらい・・・だったような。
頭の中がまっしろで 手の動きがどうなったやら 目線が何処へ行っていたやら、でした。
スタンドスピンは 途中で足をついちゃうし、 スリージャンプさえきちんと跳べず・・・終わったとたんに「来年はがんばろう」と思ってしまったくらいでした。

でも 他の方たちの 衣装や演技を見るのがすごく楽しかった!!
衣装はみんな それぞれのイメージによくあっていたし、演技もなめらかできれい!と感心しながら見ていました。

その後、バイキングで打ち上げ。おいしいゴハンとおしゃべりをして楽しくすごしました。

先生、お世話になりましたm(__)m
皆さん、お疲れ様でした!!

・・・というわけで
今日から私は しばらく仕事に集中します。
かなり 危機的状態。
今日から三日間で いつもの10日分の仕事をまず終わらせることができるかどうか・・・
というか 終わらせなきゃ、なのです。
がんばろ。

スポンサーサイト



今発売中の エレガンスイブ12月号に 私の作品、
「40歳のハローワーク 新聞配達員 朝美」が掲載されています。
コンビニ、書店などで手にとってみていただけると嬉しいです(^^ゞ

実は2月号のこのシリーズも 私が担当させてもらうことになって、さっき予告カットを描いたところです。
取材はこれからなので どんな話になるのかまだ予想もできない状態ですが・・・おもしろい話なるようにがんばります
「沈底魚」 曽根圭介 
第53回 江戸川乱歩賞受賞作

「天路」 宗田理
 殺人を犯した少年が 少年院をでてからの話。
 罪を犯すということ、それを背負ってその後の人生をどう生きるかということを描いた作品。
 主人公の少年が 恩人である若い女性教師を殺した理由というのがどうも私には最後までわからなかったです。
 そのせいか・・・あまり共感できなかった。

「藁の盾」 木内一裕

 幼女二人をいたずらして殺した殺人犯の男の命に、殺された幼女の祖父が10億の懸賞金をかけた!
 男の命をねらう人々からその男を守ることになった主人公のSPは・・・
 
 なんとも魅力的な設定でスピーディに展開する物語。
 作者は なんと あの漫画家さんですよ!デビュー作。

「水の中の犬」 木内一裕

 同じ作者さんの第2弾。
 探偵とやくざが魅力的です。
 
「田村はまだか」朝倉かすみ

 40歳をむかえた男女が同窓会の夜、まだやってこない小学校の同級生の田村を待っている。
 なんだか じんわりとしみてくるような話。
 
いよいよスケートシーズン!ですね!

週末ごとに大きな大会があるので昼間はネットで生で情報を見て好きな選手を応援して 夜はテレビで放送を見る、という楽しくも忙しい日々がはじまります。

そして 今月末には 私のはいっているスケーオクラブで「発表会」があるので今月はリンクに通って練習三昧!

来月頭には うちから車で20分でいけるリンクがオープンする!月間パス買って通おう!

・・・のつもりだったのですが、昨日 新しいお仕事をもらうことができました。

これはもう!本当に嬉しいしありがたい!!です!

でも 意外に締め切りが近い!
しかも 白泉社の50Pの仕事と微妙に締め切りがかぶっている!

・・・

今日からさっそく仕事の準備しよう!
・・・だから 月間パスを買ってリンクに通うことだけはかんべんしてやる。orz
THE デザートという講談社の漫画雑誌に 安藤美姫物語が載っているという情報をとある筋(どんな筋?)からつかんだので、さっそく買ってきました。

原案協力が安藤美姫さんで 初めての公式コミック前編80ページだそうです。

フィギュアスケート漫画が描きたくてしょうがない私としては もう要チェック作品ですよ!

折原みとさんといえば 押しもおされもせぬベテラン漫画家さんですね。
「女子高生のカリスマ」という感じでテレビや雑誌でもとりあげられていた方です。


泣き虫でひとみしりの「美姫ちゃん」は テレビでみる「安藤美姫」のイメージと違って面白かったです。
「たかちゃん」こと小塚くんが漫画のなかでちらっとでてきたり ひとコマだけ「しーちゃん」がでてきたりもするのでスケートファンとしてはとても楽しいです。

後編の発売も要チェックです!

ただ・・・「おまえにそんなこと言えるのか~~~」という自己批判をしつつ言ってしまうと


スケートシーンがもっと美しかったらよかったと思います・・・

これは「安藤美姫」さんと家族の物語であるのだから スケートシーンについて言うべきではないのかもしれないけど、やはり 美しいスケートシーンがあってこそ 物語に深みと説得力と感動が生まれるのではないかと思いました。



ああああああ
私もスケート漫画が描きたいです!
資料もビデオも沢山持ってるし!

・・・プロットとか 絵コンテてとか作って営業活動するつもりだったのだけど、目の前の仕事に追われて忘れていました。
行動しなくちゃはじまらない・・・けど・・・できるのか?私

「ピアノの森」 一色まこと コミックス16巻まで一気読みしました。
面白かった!
主人公、カイや 母親のレイちゃんや 天才ピアニストでありながら事故で弾けなくなった先生や、ピアニストの息子で海と同じ年齢でライバルであり友人である雨宮や・・・ いきいきとした登場人物たちがピアノにかける人生を鮮やかに描いていきます。

絵だけど、音を感じる。
主人公たちに共感して応援したくなる。
続きが気になってしょうがない。

そんな作品に出会えた幸せとともに 漫画家としての技量の違いにうちのめされて 雨宮に共感してしまったりした私ですorz

今連載中作品なので、続きがとても気になります。
今回はネームは早くしあげることができて 作画の時間がたっぷりあったはずなのに・・・油断しました。
結局ぎりぎりになって締め切りを一日のばしてもらうという迷惑をかけてしまいつつ、なんとか完成。
台風にひっかからなくてよかった

ハローワークのシリーズとして エレガンスイブ12月号に載ります。
発売は10月26日です。
どうぞよろしくm(__)m


そして仕事が終わったお楽しみ、その1!

今日、体力が回復したところでリンクに行ってきました。
ひさしぶりのリンクの空気を味わって 「やっぱりいいなあ!この雰囲気」と思いつつ滑ってきました。

その2!!
今日リンクでスケートクラブの先輩から漫画を借りてきましたよ!
以前から貸してもらうというお話をしていたのですが、今日ついに!
「ピアノの森」を16巻まで!!

以前 漫画喫茶で(ご、ごめん。漫画家のはしくれとして、すっごくごめん)8巻くらいまで読んでとても続きが気になっていたのに 連載が中断されている間にちょっと読むのを忘れてました
「すっごく面白いよ!」とオススメしてもらって借りたので 楽しみ!!!

これから読み始めたら きっと途中でやめられずにむさぼり読んでしまう気がする・・・。
読み始めるのはがまんして 明日にするほうがいいか!?

・・・読み終わったら多分、感想を熱く語ります^^




10月3日発売のシルキー感動増刊に 私の「丘を越えていこうよ」が再録されています。

メイと介助犬シリーズの何作目かとして描いた作品で・・・何年前の作品だろう

今見ると絵が今以上に「とほーーーー」という感じですが とにかく必死で一生懸命描いている!!・・・という熱意だけは伝わってくる作品になっているとは思います。

この号はオール再録号なのですが、読み応えのある長編がたくさん載っていますので、読んだことのない方には楽しみな本だと思います。
書店、コンビニ等で見かけたとき 手にとってみていただけると嬉しいです。