FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

最近、ホームページの読書感想をさっぱり更新できないので、こちらで読んだ本の感想メモ。

県庁の星県庁の星
(2005/09)
桂 望実

商品詳細を見る


織田裕二と柴崎コウ主演で映画化された小説です。

帯によると ”役人根性全開の県庁エリートが田舎のスーパーにやってきた。”

正直あまり期待しないで読んだのですが 面白かった!
ちょっと元気を出したいときに読むのにオススメ。読みやすくて さわやかです。


野村聡こと「県庁さん」は はじめはかなり なさけない男です。

役人っぽいというよりは世間知らずの青臭い男で やる気だけが空回り。
悪い女を見抜けずに あっさりだまされてみたり。

その彼の教育係をまかされるベテランパートの二宮泰子。
バツイチで20歳の息子を持つオバサン。

映画ではこの役を柴崎コウがやっていたらしいので ちょっと設定がかわっているのかな。
そのほうが 華のある話になるだろうと想像はできますが、20歳の息子の行動にやきもきしたり、陰で「トラブタ」と呼ばれるほどの阪神ファンだったりする二宮さんは けっこういい味を出していると思いました。

県庁さんがいつのまにか すごくいい人になっているなあ、と思いましたが 物語の後半で彼がまわりの人たちの心をまとめて スーパーがかわっていくあたりは すごく読んでいて爽快感がありました。

スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shinko93sapporo.blog55.fc2.com/tb.php/236-e5088609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック