FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

今日、最後の2時間をみて「24」のシーズンⅣを見終わりました。
以下、ネタバレ含んだ感想です。
反転して書きます。
トニーもジャックもこのシーズンでは死なないということを、知っていて安心してみていた私ですが、そうでなければさぞはらはらしたことでしょう。

まず、トニー。
殺し屋の女がトニーを人質にとったまま自爆したことで、トニーも死んだように見えました。
(これはでも、直前に女が隣の部屋を訪ねたという場面があったので「実は自爆は偽装?」と疑う伏線があったのですが)

ちょっとの間はらはらさせて、「ああ、トニーやっぱり生きていて良かった!」とほっとさせてくれて、しかもミシェルとまた気持ちを通じ合わせることができて熱い抱擁をかわすのです。
トニーのファンの私にとって、とても幸せなラストでした。

そして、ジャック。
このシーズンが始まるときは、オードリーと愛し合い、心の平安を得ていたはずの彼は トニーとは逆にその愛を失いつつありました。
しかも、大統領のシークレットサービスが彼を暗殺するつもりだといことを知らされ・・・彼は追い詰められていました。

そこで逃亡を図った末、シークレットサービスの男の銃撃によって倒れます。ジャックの逃亡を必死にとめようとしていたトニーは彼の死に動揺し、ジャックを殺した男をせめ、本部長にたしなめられます。

そして、ジャックの死体のそばに残る トニーとミシェルとクロエ・・・。
ああ、もう、これは完全にジャックの死を信じてしまいますよ。
今すでにジャック主役のシーズンⅤがあるということを知らなければ。
なんせ、シーズンⅠの最後の最後でテリーを殺してしまった「24」ですから。

でも、トニーの打った薬でジャックは仮死状態から生き返ります。
トニーはずっと 芝居をしていたわけですね。・・・う~ん、名演技。
短い時間でよくそこまで打ち合わせができたものです。

この芝居を知っていたのはつまり、ジャックとミシェルとクロエということでしょうか。
この三人のことはジャックが心から信用している、ということですよね。
なぜクロエもいっしょにいるかは 多分次のシーズンにつながっていくのかな。

このシーズンで全く登場しなかった娘のキムは チェイスと赤ん坊といっしょに暮らしている、というふうに語られてました。
できればトニーとミシェルもそんなふうに 「あの二人はCTUをやめて、今は平和に幸せにくらしているよ。子どもももう3人もいるらしいよ」・・・なんてふうにそっとしておいてやりたい!!とすごく思ってしまったのですが・・・どうやらそうはならないようですね。

トニーファンなら 次のシーズンは見ないほうが幸せなのかも、と思いつつ、見ずにいられないんだろうな・・・。

スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shinko93sapporo.blog55.fc2.com/tb.php/25-b8af18b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック