FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

読みました!
図書館で1500人の予約がはいっている本だったのですが、私がその本をよみたがっていたことを知った親切な方が本を貸してくださったおかげで 読むことができました。
ひたすら感謝です~!!
(次からはそういう時は自分で買いなさい、と自己つっこみ)

2009年本屋大賞第一位の本です。
その前の年の本屋大賞一位の「一瞬の風になれ」をとても面白いと思って読んだ私としては読む前から期待大です。

噂どおり、 読み出したら止まらない作品でした。
帯に「暗闇の中のコースターのようなスピード感と恐怖。加えて凄まじい臨場感」とありましたけれど、まさにそのとおり。一気に読んでしまいました。
面白かった。

物語はシングルマザーの女性教師が 彼女の4歳の娘が 学校のプールに落ちて亡くなった事故が 実は事故でなかった、ということを担任のクラスの中学生たちの前で語るところから始まります。
娘は このクラスの生徒に殺されたのだ、と。

第2章以下は それぞれ別の登場人物がその事件を自分の視点で語っていきます。
犯人の少年から見た 事件とその事情。 クラスメートの女の子の目から見たその後の教室。

・・・正直に言って 物語は リアルであると感じつつもグロテスクで、登場人物たちをある意味で「わかる」と思いつつ共感はできません。
でも とにかく 読ませる。
そしてなにかをなげかけてくる作品でした。

スポンサーサイト



コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shinko93sapporo.blog55.fc2.com/tb.php/288-737aa2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック