FC2ブログ

しんこのお仕事日記

白泉社のシルキーや秋田書店のフォアミセス、デジールなどで細々と漫画を描いているたなかしんこのお仕事(と、漫画、映画、ダイエット、スケート) 日記です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週読んだ本のメモ
「氷の華」 天野節子
 夫の愛人を毒殺した妻と、彼女を追い詰める刑事の話。
 
 これがデビュー作の作者は1946年生まれ。
 デビュー作とは思えない 力量の持ち主、という評判どおり 楽しめました。

 けれど 残念だったのは主人公の妻が 「氷の華」というよりは ただ「人をみくだしている、人間的に薄っぺらい女」というふうに描かれていたこと。

 彼女が それでも抗いがたいくらいの魅力の持ち主だったら おいつめられていく彼女に感情移入してもっとはらはらしながら読めたのに・・・。

 でも 作者のねらい、というか作品の意図はそういうところではないのだろうけど。



「新世界より」上下 貴志祐介
 キターーーー!!
 待ってました!貴志祐介さんの新作!(といっても発行から1年以上たっているのをようやく読んだわけですが)、期待どおりにおもしろかったです。

 主人公 渡辺早季 が 過去を振り返って語る、という形をとっているので 早季は 生き残ったということがわかっていて 読むのですが それでもとにかく はらはらどきどき。

 日高ごろうさん(すみません、ごろう、の ご の字が変換できないのでひらがな)が番組でものすごくほめていた作品です。

 とにかく 読んでみてください。



「狐火の家」 貴志祐介
 「硝子のハンマー」に登場した弁護士純子あんと防犯探偵榎本が登場する4つの作品。

 普通におもしろかったです。

 でも 貴志先生の作品だと 「すごくおもしろい」ことを期待するので ちょっと残念。



「魔王」 伊坂幸太郎
 ドラマになった作品かと 勘違いして読み始めましたが、全然違いました。

 なんというか 不思議な作品。

 「ひたひたと忍びよる不穏と、青空を見上げる清清しさが共存する、圧倒的エンターテインメント!」と帯に描いてあったのですが そういう感じ?

 「呼吸」のなかの ムッソリーニに処刑後のエピソードの語られ方に共感。

あとは 資料本を何冊か。
午後からまた図書館へ行きます。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shinko93sapporo.blog55.fc2.com/tb.php/298-f56b9b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。